発行物

JAGDA教科書 -VISUAL DESIGN- 第2巻 タイポグラフィ・シンボルマーク

体裁 : A4変形/174頁/カラー
発行年 : 2000年(改訂新版)

テキスト執筆者:34名
装幀:太田徹也
カバー画像:福島 治
レイアウト:太田徹也

会員・フレンド : 4,158円
一般 : 4,620円

ご注文・お問合せ
(株)六耀社 営業部
http://www.rikuyosha.co.jp/
Fax 03-3352-3106
books@rikuyosha.co.jp

※会員およびフレンドメンバー価格でご購入の際は、JAGDA事務局までお問合せください。
Tel 03-5770-7509 jagda@jagda.org

JAGDA教科書 -VISUAL DESIGN-第2巻 タイポグラフィ・シンボルマーク

Visual Designには、二つの要素がある。そのひとつは視覚を通じて表現する方法である。もうひとつは、言葉、言語を通して伝える方法である。いずれも目で見る点では視覚的であるが、言葉、言語は、言語の意味から出発し、同時にその意味をどのように伝え、組み立て、構成し、かたちづくるかにある。第2巻では、主として文字と視覚の関係とその背景にある多様な方法論、手法を解き明かすことに重点を置いている。タイポグラフィは、和英をはじめ、エスニックな活字、写真植字、デジタルフォントなどに加えてロゴタイプおよびカリグラフィ(書道的)などを含めて、文字のもつ表現力の在り方や実際性を展開している。文字、言語には、それぞれの歴史や伝統があり、それが今日まで、さまざまな形で受け継がれている。そうした歴史の流れのなかから、今日のタイポグラフィの変遷を示しながら、同時にVisual Designの優れた作品を示し、解読することができるようにしている。
また、シンボルマークは、今日CI(コーポレート・アイデンティティー)計画においてもまたデザイン上で、欠かすことのできない重要な要素である。これらもタイポグラフィと同様に、歴史や民衆の流れがある。また企業、事業体によっても、その象徴化された記号(シンボル)は、マスメディアのなかで主要な役割を果たしている。タイポグラフィとシンボルマークは、Visual Designそのものである。本書の内容は、そうした主要な役割を実際的な場から解きほぐし、実例を多く組み込むものとした。教育者、学生諸氏に参考になれば幸甚である。 (※巻頭から抜粋)


目次

序論 タイポグラフィ・ロゴタイプ・シンボルマークの現在 粟津 潔
  第1章 書体
  1. 世界の文字/世界の文字体系 矢島文夫
  2. 欧文書体/アルファベット 河野英一
  3. 和文書体/漢字・かな・和文書体+欧文書体 今田欣一
  4. 書体集/書体の特徴 味岡伸太郎
  5. デジタルフォント/デジタルフォントの基礎 山本太郎
  6. DTP/DTP文字組版 大平善道
  7. カリグラフィー/豊かな表現力、欠ける可読性 佐藤晃一
  8. 新しい書体のつくり方
   ・欧文書体と数字 仲條正義
   ・スクリプト文字 三浦滉平
   ・和文書体-視覚的にそろえる 水井 正
  第2章 タイポグラフィ
  1. 傑作タイポグラフィ 浅葉克己・井上嗣也
  2. タイポグラフィのスタイル/
タイポグラフィックデザイン
粟津 潔・太田徹也
  3. 日本のタイポグラフィ/
日本のタイポグラフィの変遷
粟津 潔
  4. ニュー・ウエイヴ・タイポグラフィ/
さざ波に留まるのか、疾風怒濤のあらしをよぶのか。
片塩二郎
  5. ハウ・ツー・ユース・タイポグラフィ
   ・タイポグラフィの魅力 浅葉克己
   ・カレンダーの文字指定 葛西 薫
  6. タイポグラフィの変遷/
タイポグラフィの歴史<書・刷・映>
小林邦雄
  第3章 ロゴタイプ
  1. ロゴタイプ傑作集 太田徹也
  2. ロゴタイプとは/ブリヂストン、KENWOOD 他 中西元男
  3. ロゴタイプのスタイル
   ・ロゴタイプで決まる新聞広告 中島祥文
   ・エディトリアルデザインの流れ 太田徹也
  4. メイキング・ロゴタイプ
   ・スコッティ、イッセイ・ミヤケ 松永 真
   ・未来世紀TOKYO、SHIN TAKAMATSU 仲條正義
   ・伊勢丹、Human Collective、toac、diffa 戸田正寿
   ・ヒロミチ・ナカノ、ラフォーレ 青木克憲
   ・リクルート 亀倉雄策+新島 実
  5. サイン/サイン計画のタイポグラフィ 平野湟太郎
  第4章 シンボルマーク
  1. シンボルマークの傑作集 太田徹也
  2. シンボルマークの流れ 田中一光
  3. CIとシンボルマーク/NTT 中西元男
  4. メイキング・シンボルマーク
   ・ベン・ゲーリック、クボタ・コンピュータ、
  サントリー、FISSO
五十嵐威暢
   ・東京フロンティア、アンコール遺跡救済委員会 田中一光
   ・アメリカン フェスティバル 福田繁雄
   ・NTT 亀倉雄策
   ・花の万博 勝井三雄
   ・チェマイエフ・ゲイスマー社の仕事 アイヴァン・チャマイエフ
   ・ロッテキシリトール 他5作品 佐藤 卓
   ・曖昧さの魅力 ソール・バス
   ・東京電力、農協 永井一正
INDEX
執筆者紹介