発行物

JAGDA教科書 -VISUAL DESIGN- 第4巻 写真とデザイン

体裁 : A4変形/112頁/カラー
発行年 : 2001年(改訂新版)

テキスト執筆者:38名
装幀:太田徹也
カバー画像:福島 治
レイアウト:木下勝弘

会員・フレンド : 3,591円
一般 : 3,990円

ご注文・お問合せ
(株)六耀社 営業部
http://www.rikuyosha.co.jp/
Fax 03-3352-3106
books@rikuyosha.co.jp

※会員およびフレンドメンバー価格でご購入の際は、JAGDA事務局までお問合せください。
Tel 03-5770-7509 jagda@jagda.org

JAGDA教科書 -VISUAL DESIGN-第4巻 写真とデザイン

ヴィジュアル・デザインの表現手段として、写真表現がある。とりわけ広告の分野では、デザインと写真は、一体なものである。写真のもつリアリティー、その象徴性、幻想性は、ヴィジュアル・デザインの伝達手段として、直接に与える影響は大きい。写真表現は、映像表現とともにコミュニケーションの本質を示すことになる。ヴィジュアル・デザインを学び、思考する人たちにとって写真は、基礎的要素である。
さらに、もうひとつの表現と展開がある。それは、ヴィジュアル・デザインが電子メディアによる情報通信網などの発達とともに、そのシェアを拡張していることである。それは、コンピュータ・グラフィックス(CG)である。このメディアは、すでに表現やデザインの方法を新しく見いだし、人々の生活、ライフスタイルを変え、その可能性は、多岐にわたり、今後ますます社会の中で世界レベルで増幅していくであろう。ヴィジュアル・デザインは、CGの出現によって新時代を築きあげている。
この第4巻は、写真とデザインの関係を、さまざまな媒体別に実際性に基づいていろいろな角度から解説し、その具体的作例を主として構成している。広告におけるモノと人の撮影、ロケーション、コマーシャルフィルム、ブックデザイン、パッケージデザイン、ウェブデザインなど、多くの作例を通して、入門への心得を与えるように編集している。 (※巻頭から抜粋)


目次

序論 写真とデザインの出会い 中村 誠
  第1章 写真を使う意味
  1. なぜ写真を使うのか
   ・写真に写っているもの 葛西 薫
   ・写真の長所と短所 福島 治
   ・写真が表現するもの 蝦名龍郎
  2. 写真表現におけるデザイナーの役割
   ・表現コンセプトと写真撮影 服部一成
   ・広告のメッセージ性 澁谷克彦
  第2章 写真の撮影とデザイン
  1. ポートレート 福田 毅
  2. ビューティ&ファッション 中村 誠
  3. 大型商品 梶 裕輔
  4. 小型商品 宮田 誠
  5. ロケーション 太陽光がくれるもの 葛西 薫
  第3章 媒体別作例
  1. ポスター
  ・コマーシャル 天野幾雄
  ・パブリック 青葉益輝
  ・展覧会 永井一正
  2. 雑誌広告、そのメディアはどこでも
人をひとりにする
細谷 巖 + 秋山 晶
  3. 新聞広告、新聞広告と写真 中島祥文
  4. ブックデザイン
写真によるブックデザインの心得
田中一光
  5. エディトリアルデザインのこれから 長友啓典
  6. 小型グラフィック 特性を生かした写真表現 左合ひとみ
  7. パッケージデザインにおける写真を使う意味 佐藤 卓
  8. テレビコマーシャルが担うもの 米村 浩
  9. ウェブの中の写真 松本弦人
  第4章 マイワーク・私と写真
  1. 象(カタチ)を抽き出す 浅葉克己
  2. 広告の目的 大貫卓也
  3. 撮影の現場 操上和美
  4. 写真・広告・アート サイトウマコト
  5. 広告写真の多様性 副田高行
  6. 広告について オリヴィエーロ・トスカーニ
  7. 内なる力で写しとる 戸田正寿
  8. エディトリアルデザインと写真 仲條正義
  9. 始めに心ありき 藤井 保
  10. 時の旅人 セルジュ・ルタンス
(天野幾雄 文/構成)
  11. デザイン意図と写真表現 永倉智彦
  12. 広告写真の醍醐味 佐藤可士和
  13. 写真表現とデジタル処理 タイクーングラフィックス
  14. 抽象表現としてのポートレート写真 中島英樹
写真と撮影の基礎知識 
  ・写真とカメラの基礎知識 藤井 耿
  ・特殊なカメラワーク 佐野 寛
  ・広告写真を取りまく人々 吉川八百美
用語索引
執筆者紹介