2016.04.21

第18回亀倉雄策賞:選考経緯・展覧会情報(更新)

受賞者 :三木 健(Ken Miki)
受賞作 :個展の告知ポスター「APPLE+」
(cl:DNP文化振興財団

作品発表:年鑑『Graphic Design in Japan 2016』(2016年6月発行/六耀社刊/予価16,200円)
授賞式 :2016年6月25日(土)京都にて実施〈2016年度JAGDA通常総会会場〉
展覧会 :第18回亀倉雄策賞受賞記念 三木健展(仮称)
     2016年5月9日(月)〜6月2日(木)  東京・クリエイションギャラリーG8 詳細
     2016年6月7日(火)〜30日(木)  大阪・大阪芸術大学 スカイキャンパス セミナールーム1(あべのハルカス24F) 詳細
     2016年11月19日(土)〜12月11日(日) 新潟・新潟県立近代美術館ギャラリー 詳細

kameawardexh_tokyo_poster2015

選考経緯

1. 第1次選考(2015年12月)
・年鑑『Graphic Design in Japan 2016』掲載作品選考会において、全2,201作品を対象に、29名の選考委員が候補作品を選出。
・候補になったのは、年鑑の選考で高得票を獲得したもの。選考委員数の違いにより一般グラフィックの各カテゴリーと、インタラクティブデザインおよび映像作品カテゴリーとで入選ボーダー票数が異なるため、一般グラフィックを基準とし、コンピュータで補正したスコアを使用。補正スコア22.7票以上を獲得した66作品が候補となった。
・この中から、過去の受賞者9名(浅葉克己、植原亮輔、葛西薫、佐藤卓、澁谷克彦、永井一正、仲條正義、服部一成、原研哉)による20作品を対象外とし、残る31名と2組による46作品を選出した。

2. 最終選考(2015年12月18日)
・ひとり(1組)あたり1作品を候補とするというルールに従い、複数作品が候補に上がっている出品者については、選考委員の多数決で各1作品または1シリーズ作品を選び、最終ノミネート作品とした。
・32作品を対象に選考委員がひとり3票を持って投票を行った。5票以上を獲得した3作品(大黒、三木、渡邉の作品)が最終候補となり、決選投票で5票を獲得した、三木の作品が選ばれた。
・選ばれたポスター「APPLE+」は、ギンザ・グラフィック・ギャラリーで開催された企画展の告知ポスター。この企画展は、「りんご」という世界中で誰もが知る果物を通して、デザインの楽しさや奥深さに気づくという、三木氏のデザイン教育メソッドを紹介する展覧会だった。選考会においては、ポスターそのものの堂々たるデザインと共に、その背景にある三木氏のデザイン教育に対するユニークなアプローチが評価された。

*最終選考委員会メンバー
・亀倉雄策賞運営委員=勝井三雄(選考委員長)、浅葉克己、佐藤晃一(当日欠席)、佐藤 卓、
           永井一正、仲條正義、原 研哉、松永 真
・ゲスト選考委員=  片岸昭二、川上元美、下谷二助


候補作品(出品者名五十音順)

・ポスター「D-BROS」(出品者:飯田 郁 cl:ディー・ブロス)
・パッケージ「越後亀紺屋 藤岡染工場」(出品者:石川竜太 cl:越後亀紺屋 藤岡染工場)
・ポスター「mt itself」(出品者:居山浩二 cl:カモ井加工紙)
・VI「長栄館」(出品者:色部義昭 cl:長栄館)
・ポスター「世界卓球 2015」(出品者:上西祐理 cl:テレビ東京)
・インタラクティブデザイン「1秒の世界」(出品者:岡崎智弘 cl:21_21 デザインサイト)
・環境・空間「単位展」(出品者:岡本健 cl:21_21 デザインサイト)
・パッケージ「san grams」(出品者:川上恵莉子 cl:丸松製茶場)
・ブック・エディトリアル「日経回廊」(出品者:菊地敦己 cl:日本経済新聞社)
・雑誌広告「とらや 和菓子」(出品者:木下勝弘 cl:虎屋)
・ブック・エディトリアル「東京」(出品者:工藤“ワビ”良平/中西“サビ”一志 cl:スモークスタックス)
・新聞広告「50 selfies of Lady Gaga」(出品者:小杉幸一 cl:資生堂)
・ポスター「POLS」(出品者:白井陽平 cl:丸萬)
・パッケージ「efuca.」(出品者:白本由佳 cl:エフカ)
・雑誌広告「無印良品キャンプ場」(出品者:新村則人・庭野広祐 cl:良品計画)
・複合「TAKAO 599 MUSEUM」(出品者:大黒大悟 cl:八王子市)
・映像「LAFORET PRIVATE PARTY」(出品者:竹内佐織 cl:ラフォーレ原宿)
・ジェネラルグラフィック「横山裕一展」(出品者:タナカタツヤ cl:ヒトト)
・映像「視点」(出品者:玉置太一 cl:玉置太一)
・インタラクティブデザイン「coron.」(出品者:徳田祐司 cl:カナリア+AOI Pro.)
・映像「blooming pins」(出品者:中嶋貴久 cl:明光堂)
・パッケージ「SHISEIDO BIO-PERFORMANCE」(出品者:信藤洋二 cl:資生堂)
・ポスター「2016年度女子美術大学・大学院・短期大学部 学生募集」(出品者:林 規章 cl:女子美術大学)
・ポスター「エアラス・性能と品質」(出品者:廣村正彰 cl:特種東海製紙)
・ポスター「テンペスト」(出品者:福島 治 cl:劇団山の手事情社)
・ブック・エディトリアル「Code Unknown」(出品者:藤田裕美 cl:アマナ/イマ)
・ポスター「APPLE+」(出品者:三木 健 cl:DNP文化振興財団)
・シンボルロゴ「千代鶴」(出品者:宮田裕美詠 cl:千代鶴酒造)
・ポスター「LOADING」(出品者:村上雅士 cl:ラップヤード)
・映像「IHI LOGO WORLD」(出品者:八木秀人 cl:IHI)
・ジェネラルグラフィック「LAFORET GRAND BAZAR 2015 WINTER」(出品者:矢後直規 cl:ラフォーレ原宿)
・パッケージ「オードリー 限定パッケージ」(出品者:渡邉良重 cl:プレジィール)

[記:亀倉雄策賞事務局]

・年鑑選考会全体の情報はこちら