2018.12.21

「JAGDAつながりの展覧会 Part 2 チャリティ・アート・タンブラー」開催

日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)は、2018年から2020年までの3年間、デザインの“つなぐ力”を使って、障害のあるアーティストとパラリンピアンを応援しています。Part 1のマスキングテープに続き、Part 2はスポーツ観戦などに持っていくことができ、省資源にもつながる「タンブラー」を取り上げます。
Part 1と同じく障害のあるアーティストの作品ライブラリー「エイブルアート・カンパニー」登録作品(一部を除く)を会員デザイナーが選び、タンブラーのカバーをデザイン。東京ミッドタウン・デザインハブを皮切りに、1年をかけて全国で展示・チャリティ販売します。
デザイナーは職能を活かしたボランティアで参加し、アーティストへの作品使用料や製造原価を除く販売収益を日本パラリンピアンズ協会に寄付します。ぜひ皆さんのお気に入りを見つけてください。

●作品概要
・デザイン:JAGDA会員151名による151種類
・原画:エイブルアート登録アーティスト74名(その他2名)によるアート作品
・仕様:タンブラー(500ml)1本と“着せ替え”カバー3枚のセット
・価格:1セット1,500円(税込)

●販売
2019年の間、全国を巡回予定。各会場およびJAGDA Online Shop(2019年夏〜)で販売し、製造原価を除く販売収益を日本パラリンピアンズ協会へ寄付します。
*特別販売:2019年春より、一部の作品をタリーズコーヒーで販売します。

●開催予定
東京:2月1日(金)~3月10日(日)東京ミッドタウン・デザインハブ 詳細