Recent News

JAGDA

2019.02.21

年鑑『Graphic Design in Japan 2019』選考会開催、約600作品が入選[2019.3.13更新]

2018年12月、年鑑『Graphic Design in Japan 2019』掲載作品選考会を、東京都立産業貿易センター台東館にて実施しました。
全国の会員から約2,030作品が出品され、厳正な選考の結果、約600作品を入選としました(入選率28.4%)。入選確定後、亀倉雄策賞JAGDA賞JAGDA新人賞の選考を行いました。

入選作品を収録した年鑑は、編集長・柿木原政広、ブックデザイン・大原大次郎の担当により、2019年6月発行の予定です。発刊に合わせ、6月20日〜8月7日の間、東京ミッドタウン・デザインハブにて、年鑑作品展「日本のグラフィックデザイン2019」も開催いたします。どうぞご期待ください。


●概要
・出品総数:2,026作品
・出品者数:359名
・入選総数:575作品
・入選者数:191名

More

JAGDA

2019.02.21

第21回亀倉雄策賞:選考経緯・展覧会情報

受賞者 :色部義昭(Yoshiaki Irobe)
受賞作 :地下鉄のCI計画「Osaka Metro」
(cl:大阪市高速電気軌道


作品発表:年鑑『Graphic Design in Japan 2019』(2019年6月発行予定/六耀社刊/税込価格16,200円)
授賞式 :2019年6月28日(金)東京にて実施〈2019年度JAGDA通常総会会場〉

展覧会 :第21回亀倉雄策賞受賞記念 色部義昭展「目印と矢印」
     2019年4月4日(木)〜5月21日(火) 東京・クリエイションギャラリーG8 詳細
     2019年10月26日(土)〜11月4日(月/祝) 新潟・新潟県立近代美術館 ギャラリー 

More

EVENT

2019.02.15

わたしはどこにいる? 道標(サイン)をめぐるアートとデザイン(色部義昭、葛西 薫、廣村正彰ほか)

会期:2019年3月9日(土)~5月19日(日)
会場:富山県美術館 2F 展示室3、4

More

EVENT

2019.02.15

ヘイセイ・グラフィックス(会員多数)

会期:2019年3月1日(金)〜6月9日(日)
会場:CCGA現代グラフィックアートセンター

More

JAGDA

2019.02.15

【HUB】東京ミッドタウン・デザインハブ第78回企画展「AIと共創するグラフィックデザイン」

会期:2019年3月15日(金)~3月29日(金)11:00-19:00 会期中無休(入場無料)
会場:東京ミッドタウン・デザインハブ
主催:東京ミッドタウン・デザインハブ
企画・運営:日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)
企画・技術協力:株式会社Qosmo
楽器協力:株式会社ヤマハミュージックジャパン
協力:朝日新聞社、アドビ システムズ株式会社、しりあがり寿、株式会社Too

東京ミッドタウン・デザインハブでは、第78回企画展となる「AIと共創するグラフィックデザイン」を開催いたします。
グラフィックデザインとAI(人工知能)との共創には、どのような可能性があるのか。
日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)は、近未来におけるグラフィックデザインの発展と可能性を探ることを目的に、機械学習とアルゴリズミックな手法を用いた実証実験を行なってきました。
この展覧会では、その途中経過を報告するとともに、幅広いAI研究の中からグラフィックデザインの分野に近い事例をピックアップしてご紹介します。
ある決められたルールでAIがイメージをつくっていく過程を記録したポスターやアルファベット書体、楽譜の学習による作曲、マンガを用いた物語生成、Google APIを利用した感情分析のビジュアライズなど、AIとの共創の可能性を探る作品を展示し、また、AIとデザインの関係について議論を深める場として、シンポジウムを開催します。

More