発行物

JAGDA教科書 -VISUAL DESIGN- 第5巻 コンピュータとデザイン

体裁 : A4変形/120頁/カラー
発行年 : 2002年

テキスト執筆者:38名
装幀:太田徹也
カバー画像:福島 治、柴山信広
レイアウト:4D.COM

会員・フレンド : 3,591円
一般 : 3,990円

ご注文・お問合せ
(株)六耀社 営業部
http://www.rikuyosha.co.jp/
Fax 03-3352-3106
books@rikuyosha.co.jp

※会員およびフレンドメンバー価格でご購入の際は、JAGDA事務局までお問合せください。
Tel 03-5770-7509 jagda@jagda.org

JAGDA教科書 -VISUAL DESIGN-第5巻 コンピュータとデザイン

ヴィジュアル・デザインの表現手段として、写真表現がある。とりあわけ広告の分野では、デザインと写真は、一体なものである。写真のもつリアリティ、その象徴性、幻想性は、ヴィジュアル・デザインの伝達手段として、直接に与える影響は大きい。写真表現は、映像表現とともにコミュニケーションの本質を示すことになる。ヴィジュアル・デザインを学び、思考する人たちにとって写真は、基礎的要素である。さらに、もうひとつの表現と展開がある。それはヴィジュアル・デザインが電子メディアによる情報通信網などの発達とともに、そのシェアを拡大していることである。それは、コンピュータ・グラフィックス(CG)である。このメディアは、すでに表現やデザインの方法を新しく見い出し、人々の生活、ライフスタイルを変え、その可能性は、多岐にわたり、今後ますます社会の中で世界レベルで増幅していくであろう。
ヴィジュアル・デザインは、CGの出現によって新時代を築きあげている。
この第5巻はコンピュータによってデザインするグラフィックワークを主として、タイポグラフィやイラストレーション、映像表現、Webなど、実際性をもとに、単に入門書にとどまらず、作品集としての性格づけを行い、編集している。 (※巻頭から抜粋)


目次

序論 CGの歴史 大口孝之
  第1章 グラフィック
  概論 柴山信弘
  1. 写真 所 幸則 + 伊藤美露
  2. タイポグラフィ ミヤヂマタカフミ + 鈴木 功
  3. インフォメーション 中川憲造 + 永原康史
  4. グラフィックアート 勝井三雄 + 松下 計 + 鈴木 守
ゴーストランチスタジオ 加藤靖隆
  5. イラストレーション 檜山 巽 + エンライトメント ヒロ杉山
  6. キャラクター 松浦季里 + 河原敏文
田中秀幸 + 沖 孝智
  7. エディトリアル 向井裕一 + 佐藤直樹
  第2章 映像
  概論 中谷日出
  1. モーショングラフィックス タナカカツキ + 菱川勢一
  2. 映画 オムニバスジャパン 首藤奉彦
スタジオジプリ 片塰満則
  3. ファインCG 大場康雄
  第3章 インタラクティブ
  概論 宮崎光弘
  1. Web 伊藤幸治 + 福井信蔵 + 4D.COM 柴山信弘
宮崎光弘 + コンセント 長谷川敦士
  2. インタラクティブ 岩井俊雄+ 児玉幸子
東泉一郎 + 宇田敦子
  3. ゲーム 松本弦人 + 斎藤由多加
  4. 携帯電話 立花ハジメ + 中村至男
付録 世界のCG 中谷日出
用語索引
執筆者紹介