2016.11.18

「おいしい東北パッケージデザイン展2016」受賞作品決定

おいしい東北パッケージデザイン展2016」の応募作品624点の中から、厳正な審査の結果、以下のとおり受賞作品が決定いたしました。
来る11月23日(水・祝)、ホテル法華クラブ仙台において表彰式を開催いたします。

→ 東北経済産業局の報道発表はこちら
→ 2016/11/23(水・祝)〜27(日)受賞・入選作品展を仙台で開催(詳細はこちら
→ 2017/1/4(水)〜31(火)グランプリ・優秀賞10作品を仙台合同庁舎B棟1Fで展示(地図はこちら
→ 2017/3/3(金)〜31(金)受賞・入選作品展を東京で開催(詳細はこちら

審査概要
応募総数:510名(一般176名/学生334名)/ 624 点(一般260点/学生364点)
入選総数:191名(一般95名/学生96名)/ 215 点(一般116点/学生99点)
審査委員:加藤芳夫(公益社団法人日本パッケージデザイン協会 理事長/審査委員長)
     梅原 真(デザイナー)
     左合ひとみ(グラフィックデザイナー)
     日原広一(宮城大学 事業構想学部 デザイン情報学科 教授)
     福島 治(グラフィックデザイナー)
     参加企業等関係者および主催者

More

2016.10.05

JAGDA著作権セミナー「Webと著作権」参加者募集

ネット社会になり、大量のデータを瞬時・同時に不特定多数に受発信でき、データの取り出し、検索や参照・引用、再利用も迅速で容易になった。文章や画像といった著作物のコピーや添付が簡単に素早く、大量に少スペースで記録・保存できる。と、一見いいことづくめだが、気づかぬうちに他者の権利を侵したり、匿名、非対面の危うさなど、その陰には、蜘蛛の巣に絡め取られる危険が満ちている。安心してネット社会を飛ぶための、基本的なWebと知的財産権の付き合い方セミナーです。

More

2016.08.29

「おいしい東北パッケージデザイン展2016」作品募集

東北経済産業局では、東北ならではのデザイン等の創造とその活用による商品の販売促進とブランド化を支援し、東北地域におけるデザイン等の創造・保護・活用の促進を図ることを目的として、今年3回目となる「おいしい東北パッケージデザイン展2016」を開催し、東北地域の個性溢れる10商品に対する実用化・商品化に向けたパッケージデザインを募集します。
ご応募いただいた作品は審査会において厳正に審査し、入選作品を展示・表彰するとともに、優秀なパッケージデザインについては、デザイン対象となった商品の製造・販売元の企業等と共に実用化・商品化を目指します。東北地域の商品の魅力を輝かせるたくさんのご応募、お待ちしております。

More

2016.08.03

【HUB】東京ミッドタウン・デザインハブ第60回企画展「JAGDA学生グランプリ2016」

会期:8月26日(金)~9月11日(日)11:00-19:00 会期中無休(入場無料)
会場:東京ミッドタウン・デザインハブ
主催:東京ミッドタウン・デザインハブ
企画・運営:日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)

全国の高校生以上の学生を対象としたポスターデザインコンペティション「JAGDA学生グランプリ2016」。今年のテーマは「SNS」です。応募総数810作品(連作含む累計983点)の中から選ばれた、グランプリ/準グランプリ/優秀賞/審査員賞/入選作品の111作品を展示します。日本のグラフィックデザイン界の未来を担う、新しい才能にご注目ください。

展覧会概要ページ(HUBサイト)

More

2016.07.29

「ヒロシマ・アピールズ」ポスター2016年版は上條喬久氏が制作

JAGDAは、広島国際文化財団と共同で、1983年から1989年まで、毎年会員代表1名が「ヒロシマの心」を言葉を超えて訴えるポスター「ヒロシマ・アピールズ」をボランティアで制作し、国内外に向けて平和を希求する活動を行ってきました。2005年、広島の被爆60周年を機に活動を再開し、この度、上條喬久氏(東京)による2016年版のポスター(シリーズ19作目)を発表いたしました。

More